省エネ効果の高いパソコンがおすすめ!

モニターオフやスリーブへの切り替え

パソコンを使うには電気が必要で、多くの社員がいる会社などでは一度にたくさんのパソコンが使用され電気の消費量も多くなります。かつてパソコンがまだ普及していないころに比べると電気の使用量はかなり増えていて、いかにパソコンでの消費電力を減らすかは企業の課題と言えるでしょう。法人向けパソコンにはいろいろな省エネ機能を備えたタイプがあるので企業に合わせて導入を検討しましょう。パソコンは一度電源を切ると再起動させるのに時間がかかるので、少し席を外すぐらいでは電源を切らない人が多いです。でもその間もモニターなどに電気が使われていて無駄になるときがありますが、簡単にモニターオフやスリーブへの切り替えができる仕組みがありちょっとした節電が可能になります。

ディスプレイの明るさを細かく変えられる

パソコンの作業をするときにはディスプレイが必要で、デスクトップなら別途接続しノートなら本体と一体化されています。作業がしやすいように明るさや色合いなどが変化できるようになっていて、明るいほど電気の消費量が増え、暗ければ電気の消費も少なくなります。法人向けパソコンの中にはディスプレイの明るさを細かく変えられるタイプがあり、これにより消費電力を減らせるかもしれません。一般的なパソコンは明るさを変えようとしても選択肢が少なく、暗すぎる状態の次が明るすぎる状態になるときもありました。細かく設定できるようになるとこれまでよりも暗くても作業ができる明るさが選べるので、全てのディプレイに導入すれば消費電力を大幅に減らせるでしょう。