基本的には法人向けパソコン方が付属ソフトウェアが少ない!

個人向けパソコンに付属ソフトウェアが多い理由

個人向けのパソコンには様々なソフトウェアがついている場合が多いです。ゲームアプリを筆頭に、画像や動画、音楽コンテンツなどを楽しむ為のソフトウェアが付属されています。それらは個人が趣味として扱う個人向けパソコンでは必要になりますが、仕事用に特化した法人向けパソコンには必ずしも必要でない事があります。また、家電量販店などで売り出されている個人向けパソコンはパソコン自体のスペックを考慮せずに、とにかくソフトウェアを付属させてお得感を出そうとしている事例も、少なからず存在します。パソコンを起動させると同時に様々なサービスへの登録案内アプリが起動してしまって、何がなんだかわからなくなる方も少なくないといわれています。

法人向けパソコンに付属ソフトウェアが少ない理由

法人向けパソコンは各事業に必要なマシンスペックのパソコンがリース・販売されます。しかし、付属されているソフトウェアは最低限のドライバ管理ソフトや事務処理用ソフト、または高度な動画編集ソフトのみという場合もあります。個人向けパソコンと違って娯楽カテゴリのソフトウェアは必要ではないからです。各サービスへの登録案内などのアプリも必要ありません。法人向けパソコンをリース・販売している業者によってはOSやパソコンの起動と動作に必要な各種ドライバソフトウェア以外は何も付属していないケースもあります。法人向けパソコンリース・販売業者は事前に「どういうソフトウェアを主につかうのか」と聞く場合も少なからずあり、そのソフトウェアが快適に動作するスペックのパソコンを用意すれば、あとは法人側が該当ソフトウェアをインストールすれば良いという考えからです。勿論、出来ない場合はフォローアップを受けれる場合も多々あります。