余計な機能はつけないほうがよい!

会社のパソコンに余計な機能は必要ない

法人向けのパソコンでは使う範囲が限定されています。そのため、機能も限られたものしか必要ありません。そう考えると、余計な機能を付けても誰も得しないでしょう。特に機能をつけるのに料金がかかる場合は、損になる可能性があるのです。機能をつけなければもっと安く手に入ったものが、機能をつけたたために高くなることはよくあります。しかし、本当に必要な機能は確実につけることは重要です。必要ないと思っている機能でも、実際に使う従業員からは必要とされるものもあるのです。必要ないと判断するのはパソコンを使う従業員の意見を聞いてからでも遅くはありません。まず聞き取り調査をして、必要ないと判断できる機能をどんどん削減しましょう。

便利よりもシンプルにすると効率的に仕事ができる

効率的に仕事をするにはシンプルにすることが大事です。それはパソコンの機能でも同じです。パソコンに余計な機能があると、従業員は最適な行動をとらないかもしれません。余計な機能を使えば楽に仕事ができると判断して、その機能を使って時間を無駄にすることもあるのです。余計な機能は便利かもしれませんが、仕事の効率化につながらないこともあるのです。また、仕事をできるだけシンプルにするためには、仕事に関するもの以外の機能をすべてはずしてもいいでしょう。検索する必要がない業務であれば、Webブラウザーをつけなくてもいいです。そのように機能を制限していくと、効率的な仕事につながっていく可能性があります。パソコンの機能は仕事の効率化につながっています。